post post

HOME > ブログ

“HAPPY BIRTHDAY”

1667008605

今月、誕生日の方は会計の際に受付に言って下さいね
粗品を差し上げます 2014年8月1日

歯間ブラシの種類のご紹介

みなさん、こんにちは

今週のブログは矯正治療中の歯磨き時に
あると便利な歯間ブラシの種類のご紹介です

1967000006

歯間ブラシは大きく分けて3種類です
毛の太さが違う物や、先が曲がった物があります
自分のお口にあった物を使いましょう

歯間をお掃除する用具を使っている人は
まだまだ少ないのが現状です
しかし、歯ブラシを使って丁寧に歯磨きをしても
プラークは完全には取り除けません
歯間には毛先が届かないからです…
この歯ブラシの毛先が届かない歯間の汚れが
虫歯や歯周病の原因になります
歯ブラシ、プラスアルファのホームケアを実践していきましょう

19670000067

[デンタルフロス]
デンタルフロス弾力のある細い繊維の束で、できていて
歯間に入れてプラークを繊維の束で巻き取るように取り除きます
糸を指に巻きつけて使うタイプと、ホルダーに糸が付いているタイプがあります
初心者にはホルダー付きが扱いやすいのでおすすめです
繊維もワックス付きやワックス無しなど種類があるので、
自分のお口にあった物を選びましょう
歯科医院で選んでもらったり、使い方を教えてもらうと良いでしょう

19670000067

[歯間ブラシ]
歯と歯の間に隙間が大きく空いている場合には、デンタルフロスよりも
歯間ブラシの方が良いことがあります
太さに種類があるので、自分に合ったサイズを使うことが大切です
合わないサイズを使うと歯や歯肉を傷めることがあります
歯科医院で自分にあったサイズを選んでもらうと良いでしょう

19670000067

[ワンタフトブラシ]
歯並びが悪いところや奥歯の裏側など、普通の歯ブラシでは
磨きづらいところにおすすめのブラシです
また、皆さんのような矯正装置が入っている方にも
おすすめのブラシです

このように歯間ブラシにも種類がたくさんあるので気になった方は、
当院でも販売している商品もありますので
気になる方はご来院の際に衛生士さんにご相談下さいね 2014年7月29日

ホワイトニング


みなさん、こんにちは

7667050101

今週は『ホワイトニング』のご紹介です

歯磨きをきちんとやっていても、黄色い歯だったりしていませんか
その原因は加齢による歯内部の色素変化なのです
この変色はどれだけ歯磨きをしても落ちません

そこでご紹介するのが『ホワイトニング』です
当院で取り扱っているのは、アメリカで非常に高い支援を得ている
過酸化水素や過酸化尿素を主成分とするホワイトニングジェルです

ホワイトニングジェルはご自宅でお手軽に安心安全で
簡単にホワイトニングが出来ます

初回セット 40,000円(税抜)
追加ジェル 4,000円(税抜)

気になった方は、お気軽にご相談下さい 2014年7月22日

インビザライン


みなさん、こんにちは

7667008101

今週は目立たない装置『インビザライン』の説明です

invisalign

インビザライン』はアメリカで開発され、世界中に広がっている装置です
患者さんの歯型と写真、レントゲンをアメリカに送りコンピューターに取り込み、
コンピューター上で歯牙を0.25mmずつ動かし、装置を1つずつ作っていきます

マウスピース型装置とも呼ばれ人気があるけど、1日22時間以上
使用しないといけないんです

Invisalign_Trio1

2週間使用するごとに次の装置に変えていき、1ヶ月に0.5mmずつ動かして治療を進めていきます

患者さんの歯型と写真、レントゲンをアメリカに送ってみないと
終わるまでにどの程度掛かるのか、何個で終わるのかは分かりません

IMG_5010

患者さんのお口の画像も院長の所に送られてくるので、
今、何個目を使っているのかを入力するとすぐに歯の型が現れて
実際に予定通り治療が進んでいるのか分かるようになっています

ただ、製作してもらうのに25万円ほど掛かるので
その分、患者さんに負担して頂くことになります

もし、これからブラケットを付ける予定の人は追加料金25万円(税別)で変更することも可能なので
目立たない装置に興味があるという方は、相談してみて下さいね

IMG_0020 2014年7月15日

リンガルブラケット


みなさん、こんにちは

7667030101

今週はリンガルブラケット(舌側矯正)のご紹介です

リンガルは目立たない矯正装置としてインビザラインと共に、
当院でお問い合わせを数多く頂いている装置の1つです

歯の表に1個づつ付いているのをブラケットといいますが、
これを見えない裏側につけて歯を動かしていくのがリンガルブラケットです

IMG_0021

長所は、全く見えないところ
短所は、裏側に取り付けるので舌にあたり、口内炎などが出来やすく
治療期間も少し長くなります

また、裏側だと歯と歯の距離が短くなるため、下の歯はコントロールしにくくなるので
なるべくは上の歯のみをお勧めしています
下は唇があるので表に付けても見えにくいからでもあります

ただ、表に付けるブラケットは直接付けることが出来ますがリンガルは
お口の型を取って、歯を1本1本切り離しきれいな歯並びにしてから作っていくので
手間ひまかかるため追加料金を頂いております

現在治療中の方もこれからブラケットを付けて治療する際、リンガル希望と
お伝え頂ければ上のみの場合は25万円(税別)、上下の場合は35万円(税別)の
追加料金で変更が出来ますので気軽にご相談下さい

ただ、誰でも出来る訳ではなく口腔内の状況によりますので
リンガル希望の方は必ず予めご相談下さい 2014年7月7日
ページTOP