case case

HOME > 治療例

Case1 叢生

叢生治療前
→
叢生治療後

歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といい、八重歯や凸凹の歯並びのことです。

Case2 受け口

受け口治療前
→
受け口治療後
受け口治療前 受け口治療前
→
受け口治療後 受け口治療後

下の歯が上の歯より前に出ている噛合わせのことで、下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。

Case3 出っ歯

出っ歯治療前
出っ歯←
出っ歯治療後

上の歯が前に出ている噛み合わせのことをいい、別名、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。

ページTOP