Case1 叢生 | 浜松市で矯正歯科(インビザライン・リンガルブラケット)は【きた矯正歯科クリニック】へ
case case

HOME >  > Case1 叢生

Case1 叢生

叢生治療前
→
叢生治療後
詳細
主訴 八重歯
診断名 アングルclassⅠ叢生
初診時年齢 16歳5ヶ月
装置名 マルチブラケットシステム
抜歯 or 非抜歯 上下左右4番抜歯
治療期間 動的処置2年8カ月 保定処置2年1カ月
治療費用の目安 85万円
リスク・副作用等 八重歯を改善する場合歯肉がついてこなく歯牙が長くなることがある。
コメント 歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といい、八重歯や凸凹の歯並びのことです。
2014年2月9日
ページTOP