invisalign invisalign

HOME > インビザライン

インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインは取り外し可能な透明のマウスピース(インビザライン・アライナー)を用いて矯正を行う方法です。1997年に米国のアライン・テクノロジー社により開発され、現在世界で140万人以上の患者さんが治療を受けています。
「クリンチェック」と呼ばれる3次元コンピューター画像技術を駆使したシミュレーション結果に基づき、カスタムメイドで製造されたインビザライン・アライナーを1日20時間以上装着し、2週間毎に新しいものに交換していくことにより歯を徐々に動かしていきます。
2週間毎のインビザライン・アライナーの交換はご自身で行っていただくことが可能。歯の動きを確認する定期チェックのための通院は1.5〜3ヶ月毎と、通常の通院回数に比べて少なくてすみます。

インビザラインのメリット

金属の矯正装置ではないため、口腔内を傷つけることがありません。また、矯正治療中は上下の歯を咬んだ時にアライナー全体に力が分散するため、移動中の歯に特に痛みを感じるということがありません。

マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。また、アライナーは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。

食事の時は装置を外すことが可能なので、従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。食事制限がないため矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。

インビザラインはプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

アライナーは薄く透明なので、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。歯茎までの薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。

インビザラインは約2週間に1度、自宅で取り換える事が可能なため、通院回数が少なく治療が可能です。
仕事や学校などでお忙しいかたや遠方からご来院の方にも安心です。

インビザラインの症例

インビザラインの症例

インビザラインでの治療ケースです。
口元を引込めたいとの希望があり上下4本、歯を抜いて治療しました。

ページTOP