リンガルブラケット(裏側矯正)の症例 | 浜松市で矯正歯科(インビザライン・リンガルブラケット)は【きた矯正歯科クリニック】へ
lingual lingual

HOME >  > リンガルブラケット(裏側矯正)の症例

リンガルブラケット(裏側矯正)の症例

リンガルブラケット(裏側矯正)の症例
詳細
主訴 上下でこぼこ
診断名 アングルclassⅠ叢生
初診時年齢 20歳2ヶ月
装置名 リンガルブラッケットシステム
抜歯 or 非抜歯 上下左右4番抜歯
治療期間 動的処置2年6カ月 保定処置1年6カ月
治療費用の目安 108万円
リスク・副作用等 リンガルの場合、表側より治療期間が長くなる場合が多い。舌に口内炎ができやすく食事時に不快になる事が有る。
コメント リンガルでの治療ケースです。
歯が並ぶ隙間がないため上下4本抜いて治療したケースです。
2014年4月14日
ページTOP